HOME>注目記事>動画に使うbgmを安心して使えるようにするには

展示会でのブースのデザインや施工をお願いする場合に気を付けること

展示会施工をお願いする場合、委託業者の決定は速やかに行うようにします。何故なら、スタッフを確実に手配したり資材の調達を行ったりするにはある程度の時間が必要だからです。

BGMの音楽の著作権が問題にならないようにするには

無料のフリー素材を活用する

動画サイトなどでbgmをアップしているユーザーの多くが無料のフリー素材を活用しています。

著作表記を忘れずに行うこと

たとえ無料のフリー素材を使用したとしても、敬意を込めて著作表記を必ず行うようにします。

音源を自作してカバー曲を作る

動画で使用する音源について自作(自分で演奏して歌うなど)したものを使用します。

使用しても問題ない曲を選ぼう

JASRACなどの事業者と著作権の包括契約を結んでいる曲を使用するようにします。

著作権申請手続きが不要のアプリを使う

面倒な著作権申請の手続きや支払いが既に済んでいる業務用アプリを利用する方法があります。

音楽を使うときの注意

展示場

展示会施工をする時には、出来るだけ他との差別化を意識して行います。目に引くデザインでないとなかなか集客につながらないので、成果を得られません。だからと言って気を引くためにbgmを使うときには、著作権に注意しましょう。誰かが作った作品は、著作権法に基づいて保護されているので、無断で使用すると違反となり、使用料を請求される対象となる恐れもあるので注意しなければいけません。好きな曲だからと言って勝手にbgmにすることはできないと言うことです。

使用した場合の対応

ブース

展示会施工で演出のためにbgmを使うことがあります。何も音がしないところよりも目立つことができるので、目を引く効果が期待できます。使用した曲には著作権があると言うことを覚えておかなければいけません。つまり作品は作った人のもので、勝手に使うことができないと言うことです。著作権フリーなどの明言がされているものなら問題ありませんが、通常は何も書かれていないことがほとんどです。そんな場合は、使用料を支払わなければいけません。支払い先は、JASRACなどの協会になります。手続きなどはwebに詳しく書かれているので、参考にして処理をしましょう。料金は作品によって変わるので、後からトラブルにならないようにどのぐらいの費用がかかるのかを確認しておきましょう。