youtubeで音楽を投稿するときには気を付けよう

youtubeで音楽をアップロードする際に注意すべきことは著作権のことです。もし著作権が心配ならば、フリー素材や自分で演奏した曲を用いると良いです。

BGMの著作権が問題になる場合

著作権管理団体に管理を委託していないアーティストの曲

youtubeなどのサイトでは、JASRACなどの著作権管理団体と包括契約を結んでいます。そのため、管理されている楽曲ならば、個人でbgm用音楽の利用手続きを行わなくてもアップロードは可能です。しかし、著作権を管理団体に委託していないアーティストの曲を使用する場合は注意が必要です。

著作権は問題なくても原盤権が問題になることも

著作権管理団体と包括契約を結んでいる楽曲を使用する場合、著作権に関しては特に問題は発生しません。しかし団体が管理しているのはあくまでも著作権のみであり、原盤権については管理を行っていないです。そのため、原盤権については、管理しているレコード会社に確認してみる必要があります。

注意をする点

動画再生

youtubeで宣伝をするということもあるでしょう。また自分で動画を作って配信をすることにより、注目を集めるということも可能です。ただ動画を公開するだけではつまらないということがあるので、bgmを利用することもあるかもしれません。しかし安易にbgmを使うのは危険です。そこには著作権もあるので、勝手に利用をすることができない場合もあります。素材として無料配布をしているbgmに関しては特に問題はありません。

利用をする場合

映像

youtubeで動画配信をする場合、bgmを使うことを考えることもあります。著作権に触れてしまう可能性がありますが、場合によっては申請をすることによって利用をしてもよいという許可が下りることもあります。どんなbgmでも許可が下りるわけではないので、申請をして使うことができる音楽は何か、ということをチェックしておくとよいでしょう。リスクを低くするためには申請を行う、ということも検討をしたほうがよいでしょう。

利用をする場合

再生マーク

著作権が生じる可能性があるので、youtubeでbgmを使うことには慎重になるべきです。どうしても利用をしたい場合でも使用料を支払うことで使うことができる、ということもあります。どういうところに使用料の支払いをするかなど、事前に調べておくとよいでしょう。音楽がないと何となくさびしいということもあるので、利用可能で有料でも使いたいという場合には、キチンとチェックをしておく必要があります。安心して利用できるようにしておきましょう。

宣伝効果を得る

フィルム

youtubeでbgmを使うことによって、宣伝効果も得ることができるでしょう。なんとなくこの音楽を聴くとyoutubeが見たくなるということに繋がるかもしれません。著作権を考えた場合、安易に音楽を使うことは躊躇われてしまいますが、絶対に使ってはいけないわけではありません。